現状を変えるのが怖いのは当たり前

シェアする

WordPressを使ってブログを書き始める前は、WordPressなんて僕には必要ないと思っていました。それについて知りもしないのに。

知るのが怖かったんですね。

いざ使ってみたら、とても便利なものでした。便利なものはどんどん使うべきです。

そう思えるようになったのは、最近の勉強の成果です。

勉強は大の苦手な僕も、いつの間にか、毎日勉強することが習慣になりました。

勉強といっても、そのほとんどはYouTubeでためになりそうな動画をラジオ感覚で聞いているだけ。気が向いたときにメモしたり、それを読み返したり、こうやってブログに書いているだけです。

それを2週間続けただけでも、ずいぶん成長した感があります。

知らない世界が怖いことと、習慣化の間には、共通点があります。

それは、「現状を変えるのが怖い」ということです。これは心理学の用語で「現状維持バイアス」と呼ばれています。

進化の歴史を見れば、それも当然かもしれません。

狩猟採集時代のヒトは、常に死と隣り合わせでした。現状なんとか暮らせているなら、それを変えないほうが無難です。見知らぬ土地へ行けば、どこに何が潜んでいるかわからない。エネルギーを節約できれば、食料も節約できます。

現代社会では、そのころ身に着けたであろう現状維持バイアスが、しばしば邪魔をします。

WordPressを使っても死ぬことはありません(←当たり前)。でもなんとなく怖い。それは知らないからです。

これまでの生活にないことを始めるときに、不安や恐怖を感じるのは当たり前。

そう考えると、少し楽になるかもしれません。

「それでもやってみよう」と思えたら、なおいいですね。