スタンディングデスクを自作して3週間使ってみた感想

シェアする

3週間ほど前、バイトをやめて、何もやる気にならず、それでも少し回復してきたころ、とにかく環境を変えようと思って、スタンディングデスクを導入しました。

スタンディングデスクなら、PCの前でダラダラできないだろうし、ちょっとした運動にもなりそうだし―。

実際その通りだったんだけど、最近はすっかり生活スタイルが変わってしまいました。

インターネットビジネスと出会い、僕もやってみたいと思って、いろいろ勉強しているうちにやる気が出てきて、以前のように、2chまとめサイトを延々リロードすることはなくなりました。というか、2chまとめサイト自体、見なくなりました。

プールに通い始めたり、散歩に出かけることが多くなって、運動量も増えました。

そういうこともあって、普通に座って作業したいなーと思うことが増えてきたわけです。

常に立っているのはやっぱり疲れます。

初めのころは、足の裏に痛みがありました。それと入れ替わるように、足の親指にしびれを感じるようになりました。

骨盤の左右もなんとなく痛みます。

大事なのは、立っているか座っているかじゃなく、同じ姿勢でい続けないことかなーと今は思います。

1年ほど前にキャスター付きの椅子を捨てて、ベッドを椅子代わりに使うようになり、半年ほど前にベッドも捨ててからは座卓に切り替えて、クッション代わりに寝袋をしいて生活していました。

それで尻がやられたこともあってスタンディングデスクを導入してみたわけですが―。

なんだかんだ言って、PCデスクとキャスター付きの椅子という、いたって普通の組み合わせが一番快適でした。

ちなみに、スタンディングデスクはニトリのスチールラックを二つ組み合わせて作りました。

とりあえず、解体して、普通のデスクの高さで組みなおしてみようと思います。

3週間ほど前に、スタンディングデスクを導入しました。 PCの前でダラダラするのをやめたい!と思ったのが一番の理由です。...