読書におすすめのタブレット「Nexus 9」を紹介します!

シェアする

読書用に、タブレットを買いました!

NNexus 9と文庫本を並べてみた

Nexus 9という、数年前の機種。

性能的には、今のミドルレンジクラスですかね。

多少のもたつきは感じますが、読書用としては問題Nothingです。

最近では当たり前の指紋認証はありません。

が、画面ダブルタップからの顔認証で、かなり快適です!

歩きながら勉強したい・・・

そもそも、なぜタブレットなのか。

電子書籍を読むだけなら、PCとスマホで十分です。

そう、どうしても必要ってわけじゃなかったんです。

でも最近、歩きながら勉強するのにはまってるんです。

あ、部屋の中ですよ。

部屋の中を延々8の字に歩きながら、本を読んだり、PDFを読んだり、メモを見ながらしゃべってみたり―。

じっとPCの前に座っていると、なんか集中できないんですよね。

そうすると、スマホの画面の小ささが気になります。

それで、読書用のタブレットを買うことにしたんです。

画面比率は4:3がおすすめ!

正直、読書用のタブレットならiPadを買っておけば間違いないと思います。

かといって、このマイブームがどれだけ続くか分からない。

というわけで、もっと気軽に買えそうな機種を探してみました。

電子書籍には、4:3の画面比率がおすすめです。画面をいっぱいに使えるので。

その意味で、今回選んだNexus 9は、Androidタブレットとしては貴重な存在です。

画面サイズはiPadとiPad miniのちょうど中間くらい。

文庫本より、1.5回りくらい大きいかな。いい感じです!

NNexus 9と文庫本を並べてみた

Nexus 9と文庫本を並べてみた

最低限のアプリをインストールすれば、勉強専用タブレットの完成です!

Evernote、いいですよ!

ちなみに、メモはEvernoteで取っています。

気に入ったWebページがあったら、クリップして保存しておくこともできます。

新しいことを覚えるときは、インプットとアウトプットを何度も何度も繰り返すといいです!

何度も見返すメモやWebクリップは、ホーム画面にショートカットを張って、すぐに見られるようにしてあります。

よく見るノートはショートカット化!

よく見るノートはショートカット化!

こういう手軽さが、紙と比べたときの大きなメリットですね。


以上です!