初心者のためのブログのSEO対策

シェアする

ブログのSEOについて、初心者がやるべきこと調べました。その結果をまとめてみます。

ユーザーのために考える

SEOとは、検索エンジンに対して最適化すること。検索エンジンの代表格がGoogleです。

Googleとしては、できるだけ多くの人に検索エンジンを使ってもらいたい。そのためには、ユーザー(読者)が欲しい情報に素早くたどり着ける必要があります。

ということは、「ユーザーのために考える」ことが、結果的にSEO対策になるはず。

それを意識しながら、一つ一つのテクニックを見ていきます。

タイトルの決め方

的確なキーワードを含める

例えば、ブログのSEOについて書いた記事に「おはようございます」というタイトルを付けたら意味が分からない。タイトルには的確なキーワードを含めるべきです。

キーワードを先頭に持ってくる

タイトルが長すぎると(PCの場合は32文字を超えると)、検索結果で省略されてしまいます。

キーワードはできるだけ先頭に持ってくるといいですね。ユーザー的にも、そのほうが見やすいです。

URLの決め方

パーマリンク(URLの末尾部分)は、内容が想像できる文字列のほうが分かりやすいです。

ちなみにこの記事のパーマリンクは「blog-seo-beginner」。

WordPressの場合、「パーマリンク設定」で「投稿名」を指定すると、自由に設定できるようになります。

meta descriptionを記入する

meta description(メタディスクリプション)とは、検索結果のタイトル下に表示される要約です。ユーザーに分かりやすいよう、キーワードを含めつつ記入しておきます。

本文の書き方

どんなに価値のある情報も、超絶読みづらければユーザーには届きません。専門用語には補足を入れる、画像を張る、段落を分けるなどして、読みやすさを心掛けましょう。

冒頭

冒頭には、キーワードを含めつつ、誰に向けた記事なのか、これを読むとどんなメリットがあるのか等が書いてあると、分かりやすいですね。

画像のalt属性を記入する

画像のalt属性(画像が読み込めない時に表示されるテキスト)を記入しておけば、画像検索で探しやすくなります。

見出しにキーワードを含める

見出しをつけることも効果的です。キーワードを含めておけば、欲しい情報を見つけやすくなります。

関連する記事をリンクでつなぐ

関連する記事同士をリンクでつないでおけば、ユーザーがわざわざ探さずに済みます。

アンカーテキストには記事タイトルを

アンカーテキスト(リンクのタイトル)は、URLより、記事のタイトルのほうが分かりやすいです。

リンク切れに注意する

せっかくリンクを張っても、リンク切れだと、ユーザーとしてはがっかりです。定期的にチェックしましょう。

WordPressには、「Broken Link Checker」という便利なプラグインがあります。

更新頻度を上げる

頻繁に投稿されたほうが読者としては楽しいし、古くなると役に立たない情報もあります。

検索エンジン対策も

直接ユーザーのためにはならなくても、やっておいたほうがいいテクニックもあります。

キーワードを選定する

あるキーワードの需要や、競合性、関連するキーワードを調べられるツールがあります。

Googleの「キーワードプランナー」が有名です。

XMLサイトマップを設置する

XMLサイトマップとは、ブログ内にどんなコンテンツがあって、どんな構成になっているか、検索エンジンが参考にするためのファイルです。

WordPressには「Google XML Sitemaps」というプラグインがあって、XMLサイトマップを自動で作って設置してくれます。

あとは、それを「Google Search Console」に登録すればOK!

まとめ

これまで登場したテクニックをまとめます。

  • タイトルには的確なキーワードを含める
  • キーワードはできるだけ先頭に持ってくる
  • タイトルは32文字以内に収める
  • 省略されても意味が分かるようなタイトルにする
  • meta descriptionを記入する
  • URLは内容が想像できるものを(数個の単語をハイフンでつなぐ)
  • 読みやすい文章を心掛ける
  • 本文冒頭にはキーワードを含めつつ、記事の特長を書く
  • 画像のalt属性を記入する
  • 見出しにキーワードを含める
  • 関連する記事をリンクでつなぐ
  • アンカーテキストはリンク先のタイトル等、分かりやすい文字列を
  • 定期的にリンク切れをチェックする
  • 頻繁に投稿する
  • 役に立たなくなった情報は書き直す
  • キーワードを選定する
  • サイトマップを設置する

あとは、レスポンシブデザイン対応、ページ読み込みの速さ、パンくずリストの設置等―。WordPressの場合、この辺はテーマ次第で変わってきます。

ちなみにこのブログでは、Simplicity」というテーマを使わせてもらっています。デザインも気に入ってるし、とにかく便利(深刻な語彙不足)!


SEOというと、なんというか、小手先のテクニックみたいなイメージがありました。でも実際に調べてみると、これまでの僕はいかに独りよがりだったか思い知るというまさかの結果に。

早速、実践していきます!